ダンパーペダル(サスティンペダル)とエクスプレッションペダルの意味、使い方【キーボード】

音楽

今回はキーボーディストにとって必要不可欠なアイテム、ダンパーペダル(サスティンペダル)エクスプレッションペダルについて、その意味や特徴、役割について解説していきます。

スポンサーリンク

ダンパーペダル、サスティンペダルとは?

ダンパーペダルとサスティンペダルは基本的に同じものを指すと思っていただいて大丈夫です。

ダンパーペダルとは

「ダンパー」というのは、ピアノの弦の振動を止めるための装置のことを言います。

これはダンパーペダルを踏んでいない時は、ダンパーが弦に触れていて音が響かなくなるのですが、ダンパーペダルを踏むことによって、ダンパー部分が持ち上がり、弦と触れなくなります。

その結果、弦が解放されて音が響くという仕組みです。

クラシックピアノを経験していた人は馴染みが深いと思いますが、ピアノの3つあるうちの右側のペダルがこのダンパーペダルです。

サスティンペダルとは

「サスティン」というのは、「維持する」とか「持続する」と言った意味です。

サスティンペダルというのは「音を持続させるペダル」のことですね。

サスティンペダルを踏んでいる間は、その間に鳴らした音を持続させることができます。

つまりダンパーペダルと、役割としては一緒です。

電子ピアノやキーボードにはそもそもダンパーという装置がついておらず、音の出し方が違うので名称も違うという訳ですね^^

ダンパーペダル、サスティンペダルを使う場面

アコースティックピアノの音色を使用する場合は必須アイテムですね。

他にも、私の場合だと他にもハープ系とかパッド系とかでも使用することがあります。

正直、これがあるかないかで演奏の幅がめちゃくちゃ変わってきます。

和音の響きの深さとか、音と音のつなぎ目とか。

あと離れた鍵盤に跳躍しなければいけない場面とか、かゆいところに手が届く便利アイテムでもありますね!

逆に、シンセリードみたいな短音系だったり、ストリングスみたいな自然な減衰が持ち味な音色では出番は少ないかもしれませんね。

サスティンペダルの極性について

極性というとあまり馴染みがないかもしれませんが、ペダルを踏んでいないのに音が伸びてしまったり、逆にペダルを踏んだら音が止まってしまうことがあります。

これは、サスティンペダルの極性というものが異なる場合に起こる現象です。

極性には「ノーマルオープン」「ノーマルクローズ」の2種類があって、メーカーなどによって異なります。

主要なメーカーの極性は下記の通り。

YAMAHA:ノーマルクローズ
Roland:ノーマルクローズ

KORG:ノーマルオープ

つまり、使うキーボードのメーカーに合ったペダルを使いましょう、ということですね。

ちなみに私はRolandの「DP-10」というペダルを使っているのですが、YAMAHAのキーボードに差しても極性が一緒なので問題なく使えました!

エクスプレッションペダルとは?

エクスプレッションペダルとは

「エクスプレッション」というのは、「表現」とか「表情」と言った意味です。 すなわち、エクスプレッションペダルというのは音に表現や抑揚を付けるペダルのことです。

少しシステマチックに言うと、シンセ内部のパラメータ(ボリュームやフィルターの値など)を変え、それによって音色を自在に変化することができます。

ちなみに、似ているものでボリュームペダルというアイテムもありますが、あれはパラメータを変化させるのではなく、音量レベルを変化させるものです。

シンセサイザーを使う人はボリュームペダルではなくエクスプレッションペダルを買った方が汎用性があるのでおすすめです!

エクスプレッションペダルを使う場面

サスティンペダルと比べると「超必須」ではないアイテムにはなりますが、使い方によって無限の可能性を秘めているペダルです。これを上手いこなしているキーボーディストさんは本当にすごいと思います!

私の場合はソロの時にボリュームを最大化したり、曲途中のフェードインやフェードアウトで雰囲気を作ったり。 他にも、曲中でCutoff値を変化させて効果音を作ったり、ピッチ操作をしてギターのチョーキングみたいなことをしたり、とにかくアイディア次第で色々やれちゃいます。

ちなみに私はRolandの「EV-5」というエクスプレッションペダルを使用しています。軽くて持ち運びやすく、値段も手ごろなのでオススメです^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました