アニメ『Just Because!(ジャスト ビコーズ)』第4話「Full swing」 感想&考察

アニメ

2017秋クールの新アニメ「Just Because」第4話「Full swing」の感想&考察です。

進路に悩み恋に悩み、どんより沈んでいる雰囲気の3年生に対して、強烈なパワーで入り込んでくる恵那が印象的な第3話でしたが、第4話はどんな物語が繰り広げられるのでしょうか。

スポンサーリンク

前回記事

アニメ『Just Because!(ジャスト ビコーズ)』第3話「Andante」 感想&考察
2017秋クールの新アニメ「Just Because」第3話「Andante」の感想&考察です。前回記事次回記事Just Because!(ジャスト ビコーズ)第3話の感想&考察第2話は3年生4人の話がメインだったから、...

次回記事

『Just Because!(ジャストビコーズ)』第5話「Rolling stones」 感想&考察
「Just Because(ジャストビコーズ)」第5話「Rolling stones」の感想&考察です。4人それぞれの想いがぶつかりあった第4話でしたが、今回は物語がどう進んでいくのでしょうか。早速見ていきましょう!前回記事...

Just Because!(ジャスト ビコーズ)第4話の感想&考察

弟と一緒にスーパーで買い物をしている葉月。本当に家庭の仕事が多くて大変そうですね。その姿に少しだけ哀愁を感じてしまいます。

――守りたい、この笑顔。(真顔

相変わらず陽斗は犬に本気で恐怖心を抱いてます。笑
このゴールデンレトリバーは美緒の犬?にゃんこは誰の?

瑛太「大丈夫か?陽斗。」
陽斗「うん。」
瑛太「元気出せ。」
 
陽斗「あ・・・!」

 美緒「何?誰から?

美緒「あ・・・

陽斗「やべぇ。俺やっぱ好きだわ。」

ここのシーンの美緒の表情が悲しすぎる・・・。

陽斗「初詣ん時、もう一度森川に告白する。」

 

急に真剣モードに。
もう一度っていうか、まだ一度も告白してなくない!?(笑)

回想シーン。
試験中に消しゴムを落とした美緒に自分の消しゴムを渡す陽斗。
予想していた以上にベタな理由でした。
でも、恋愛ってそんなもんですよね。

陽斗「でもマジ助かった。」

美緒「森川さんも褒めてくれたし?」
陽斗「まぁな!」

陽斗「夏目は?」

美緒「ん?」
陽斗「あ、いや、付き合ってるやつとか、いんのかなって。」
美緒「い・・・いないって!」

陽斗君、やめたげてー!
好きな人にこれ言われるのってきついですよね。。。



美緒「今、受験の事で頭いっぱいだし。」

陽斗「でも、好きなやつくらい、いんべ?」

美緒「・・・まぁね。」
陽斗「そっか。」
美緒「結構、長く片思いしてるかも。」

陽斗「俺の知ってるやつ?」

美緒「たぶん。」

 

陽斗「瑛太とか!」

 
美緒「・・・。」

陽斗「ん?」

 
なぜそこで止まる!(笑)
これはどっちの意味なのでしょうか。
美緒は陽斗が好きだけど、瑛太に対しても特別な感情を抱いているのか。
それとも、美緒が陽斗を好きだという事が本人に全く伝わってなく、それどころか的外れな誤解されていることに対する苛立ちとか呆れの意味なのか。
他にも考えられそうですね。

ジト目可愛い。

恵那「美緒先輩のどこが好き?」
 
さすが写真部部長。洞察眼が半端ないです。
証拠写真まで撮られてる。笑
これで証拠になるのかわからないですが。

シーン戻って美緒と陽斗。

美緒「相馬、ズケズケ来すぎだって!」

 

陽斗「おぉ、わりい。なんか、俺だけ森川のことバレバレじゃん。だからさ!」

 
怒っちゃった。無理もないか。
この感じからすると、さっきのどっちの意味だろう、ってやつは後者の方が近い感じですかね?
恵那の周囲を振り回していくスタイルがたまらなく好き。
こういう部分、2年生なのに一番大人っぽいよね。
葉月は兵庫の大学に進学するらしいです。
家の手伝いとかしながら大学通うと思ってたのでこれは意外でした。
では吹奏楽を続けない理由は何でしょうか?
何気にこの二人は良い感じなんですよねぇ。
初詣当日。皆は(空気を読んで)ドタキャンしたようです。
相変わらずアシストが完璧すぎる。
そして一方では・・・

 美緒「おまたせ。家の用事は済んだの?」



 美緒「そっちは受験勉強サボり?」

 

密会してました。やっぱりめちゃくちゃ良い感じじゃないですか!

左側の人は美緒の姉のミナさん。瑛太とは会ったことある様子です。
依子も登場して、3人で初詣に行く流れ。
恵那からのプレゼント写真と怒涛の応援メッセージ。
この葉月ちゃんの女子力の高さ。これは惚れちゃっても仕方ないです。
関係ないですけど寒い時に外で飲む甘酒は美味しいですよね。

なんかセクシー。

見すぎ(笑)

 葉月「なんか不思議だね。」

 葉月「私、こんな時間に外にいることないから。
   一緒にいるのが相馬君なのも。」

陽斗「まぁ・・・それは。」
葉月「クラスでもあんまり話したことなかったし。」
陽斗「でも。」

陽斗「もっと早く俺は、こういう風に話したりしたかった。」

葉月「え?」


おお、ついに来るか!告白!

陽斗「ずっと、森川のトランペットの音、聞いてたから。放課後野球部の練習してる時、グラウンドに聞こえてくんの。」



葉月「私の演奏じゃないかもよ?他にも―」

陽斗「森川だよ!
   一番・・・一生懸命だったし。」

陽斗「夏の大会も応援に来てくれて、すっげぇ・・・嬉しかったんだ!
   だからなんつうか俺さぁ!」

良いところだったのですが、真由子桃花(クラスの同級生)がいたため、告白中断。
葉月に変な感じで伝わっちゃったかな。
シーン変わって美緒&瑛太&依子。

依子は後輩にせがまれここでお別れ。
後輩ちっちゃいけど中学生かな?
依子は面倒見が良さそうだから絶対後輩に好かれるタイプ

美緒「中学からずっとだよ。こじらせすぎでしょ?

美緒「でも、今は受験あるし。誰かと付き合ってくれればスッキリすると
   思うんだよね。むしろそうなってくれた方が絶対集中出来るって!
   だからあたしの合格の為にも相馬に頑張って貰わないと。
   でしょ?

瑛太「全然、良くないだろ。それ。」
美緒「何が?」

瑛太「必死に、受験を言い訳にしてさ。」

美緒「言い訳なんかじゃ・・・」

瑛太「泉には関係ないじゃん!
   関係ないんだから黙ってて!」

瑛太「なんだよそれ・・・俺だって!
   ずっと夏目のこと!」
瑛太「・・・中学ん時から、知ってんだからさ・・・。
 
瑛太「『関係ない』は、無いだろ・・・。
めちゃくちゃすれ違うこのシーン。辛いですね。
瑛太としても、陽斗のことがあるから美緒に自分の気持ちを言えないのでしょうか。
そして・・・



陽斗「俺、森川の事・・・好きだ!!

 

 陽斗「付き合ってほしい!!

葉月「・・・ごめん。

葉月「付き合えない。

Just Because!(ジャスト ビコーズ)第4話の感想まとめ

今回はかなり展開進みましたね。重要なシーンが多かったのでちょっと画像とかも多くなってしまいました。

美緒×瑛太

受験を言い訳に陽斗への想いを打ち明けずに諦めようとしていた美緒に対して、瑛太が珍しく熱くなっていました。
美緒への想いを言えずにいる自分自身と重なって感情が高ぶってしまったのですかね。
また、美緒の陽斗への恋に決着がつかない限り、自分の恋(美緒が好き)も決着がつけられないからというのもありそうです。
最後のシーンの音楽の盛り上げと声優さんの演技が半端なく良かったですね。
こういう丁寧な作りは監督やクリエイターさんのこだわりが感じられます。

陽斗×葉月

ついに告白できましたが、結果は・・・。
葉月は、瑛太がどうこうというより、自分に対して恋愛はしてはいけないと戒めているような印象です。自分は幸せになってはいけない、とまではさすがに考えてないと思いますが、それに近い感じ。
何が彼女をそうさせているのか。まだここまでではしっかり語られていないので、この先明らかになっていくのかな、と思います。
陽斗の恋が終わった(?)ことによって、美緒との関係も変わっていくのでしょうか?今後が楽しみですね。
それではまた次回。

コメント

タイトルとURLをコピーしました