PS4版ドラクエ11 シナリオ要約&感想 ~3.勇者の力 万能説~

ゲーム

前回、デルカダールの地下水路を抜けたカミュと主人公は"勇者の奇跡"を信じ、崖から飛び降りました。

二人は無事なのでしょうか?
それでは本日も、冒険の始まりです!

注 ここから先は一部ネタバレも含みますので未クリアの方はご注意ください。

スポンサーリンク

再度デルカダールへ

陰下の森の中にある教会で目が覚める主人公。どうやら無傷のようです。

これも"勇者の奇跡"によるものなのでしょうか?
だとしたら、この間のヘルコンドルを撃ち落とした雷といい勇者の力はチートすぎますね(笑)

教会のシスターから"デルカダールでは囚人が脱獄したという噂が広まり兵士が探し回ってる"と聞きます。また、イシの村の方面も英雄グレイグが見回っているとのこと。

すっかり"おたずね者"となった二人は、変装をしてデルカダール城に戻ります。

イシの村がめっちゃ心配ですが、すぐに向かえないのがもどかしいですね!
エマちゃんに再開するのはしばらくおあずけになりそうです。

デルカダール城下町(下層)

二人が到着したのはデルカダール下層でした。

前の記事でも少し触れたのですが、貧困層の住むスラム街となっています。

上の城下町とは雰囲気がだいぶ違いますね。治安が悪そうです。

1年前カミュは相棒のデクと協力して、古代からデルカダール王国に伝わる秘宝「レッドオーブ」を盗み出したそうです。カミュはその後捕まって牢獄に閉じ込められてしまったのですが、オーブはこの下層の安全な場所に隠しておいたとのこと。

という訳で、オーブを回収しに行きます。

でも1年も前だと誰かに見つけられたりしないのでしょうか?
カミュさんは随分自信満々ですけど。。。

ですよね。(笑)

犯人として疑わしいデクを探しに行きます。

デクは最近お城の近く(上層)でお店を初めて、随分忙しくしているらしいです。

そういえば、以前デルカダールに行った時に、上層で店主不在の屋敷がありましたね。

主人公たちは再度、上層に向かうことになります。

デルカダール(上層)・デクの屋敷

町の見張りをしているデルカダール兵に気づかれないように屋敷に入り、デクと対面します。

カミュが殴り掛かろうとしますが、逆にデクが抱きついてきて、カミュが生きていることを喜びます。カミュは拍子抜け。どうやら悪いキャラではないようです。

この満面の笑みである

オーブを盗んだという前情報であったり、そもそもこの「デク」っていう名前だったり、しょうもないキャラクターかなと予想してたのですが(スミマセン)、普通に優しそうで良い奴でした。

ちなみに、オーブはデルカダール王に返していたため、ここにはもうありませんでした。

主人公とカミュはオーブを求めて今度はデルカダール神殿に向かうことになります。
さすがに「レッドオーブ」、超重要そうなアイテムだけあってそう簡単に手に入ってくれませんね。

余談ですが、前の記事で少し触れた、「カミュの脱獄計画がなぜバレないか」の理由ですが
デクが商売で稼いだお金をデルカダール兵にばらまいて手回ししてたからだとここで知ることになります。
なんとなく理解はできますが、そんな上手くいくか作戦とは言えないですよね。。。
スッキリはしないですね。

あともう一個余談ですが、デクの妻のミランダさんが可愛いくてなんか悔しい。

ミランダさん

ナプガーナ密林

デルカダール神殿への一番近い道はデルカダール兵だらけで通れないため、ナプガーナ密林というジャングルを通ることになります。

ですが、密林の途中では橋が壊れていて進めず、何か方法を考えるために近くを探索することになります。

ちなみに、この橋の下にはギガンテスとか大型の魔物が普通に歩いていて、めっちゃ怖かったです。後でこの下も歩かなきゃいけなくなるんだろうな~と思いながら、一旦見なかったことにします。(笑)
ちょっとうまく言えませんが、序盤では圧倒的な差を感じる強敵を遠くから見せるだけ見せておいて、冒険の後半でまたこの地に戻ってきたときにその敵と対等の強さになっていて、「あの時と比べてかなり強くなったんだなぁ~」みたいな成長実感を感じさせる作りは、上手ですよね。
6のムドーだったり、1のラダトームから見える竜王の城とかもわりと似たようなイメージかな。
少しそれてしまったのですが、本題に進みます。

小道に入ると、不思議な形をした根を発見します。

不思議な根は勇者のアザに反応していて、主人公が手をかざすことで、過去の記憶を見ることができます。(命の大樹の導き)

この力は、本作の中で今後あらゆる重要な場面で使われますね。

この過ぎ去った過去を見る力こそ、本作のサブタイトルである"過ぎ去りし時を求めて"の一つの解釈であると思っています。

命の大樹の導きにより、いたずらデビルが木こりをワンコの姿に変えるという過去が見えました。ワンワン可愛い。

主人公たちは密林にある宝箱に隠れているいたずらデビルを討伐して、木こりを元の姿に戻します。

ワンッて・・・(笑)

もとの姿に戻ることができた木こりがお礼として橋を直してくれます。
これで先に進むことができます!

また木こりから、先ほどの不思議な根について詳しい情報を聞くことができます。
簡単にまとめておきます。

命の大樹の導きについて

ロトゼタシアの真ん中に浮いている大きな木。
これを命の大樹といいます。

命の大樹はその葉っぱの一枚一枚にすべての生き物の命を宿し、世界の調和を保っています。

そしてこの密林にあるにある輝く木の根

これは世界中に張り巡らされた命の大樹の根っこが顔を出したものだそうです。
この根は選ばれしもの、すなわち伝説の勇者にだけに大樹の意思を伝えると言われています。

先ほども述べましたが、この後も訪れる様々な地でこの根っこがあり、この物語を紐解くヒントを伝えてくれます。

感想

デルカダールを抜けて、いよいよ本格的な冒険が始まってきました。
カミュも仲間になって心強いですね。

シナリオには関係ないですが、カミュがブーメラン装備できるので、戦闘も楽になりました。

しかし、崖から落ちても無傷だったり、過去の記憶を蘇らせたり、勇者の力は本当に万能ですね。

この力があれば悪いことなんでも出来そうだ!

今後もこの勇者の力と命の大樹の導きで、色々な事が明らかになりそうです。
考察も多く書いていければと思いますので、引き続きよろしくお願いします!

それでは次回に続きます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました