ブログを始めるならBloggerを使おう!初心者にお勧めしたい3つの理由

未分類

副収入や独立、不労所得などを目標にしてブログを始める人は年々多くなっていますよね。

ただ、ブログを始めようと思っても、サーバー選びからドメイン取得、サイトの立ち上げ、レイアウト調整、記事の作成、広告の設定等、面倒だったりよくわからないことが多く、そこで挫折してしまう人も多いと思います。

実際、僕もかなり苦労して何度も挫折しかけました…(苦笑)

このページには、これからブログを始めようとしている方にとって、少しでもプラスになるような知識や考え方をまとめています。

これからブログで稼ごう!と思っている方は参考になると思うので、ぜひご一読ください。

スポンサーリンク

とりあえずBloggerで始めよう

冒頭で述べた通り、ブログを始めるには、記事を書く以外に面倒な事が山ほどあります。

ただ、初めから全てを完璧にやろうと、調べたり勉強してもなかなか出来ないですし、それだけで疲れてしまいます。

実際に、知識は実体験がないと身に付きにくいものです。

百考は一行にしかず。スポーツの教本だけ見て勉強しても、練習しなければ一生できるようにならないですよね。

記事を書く前からつまづいていては、非常にもったいないのです。

なので、色々難しいことを考えずに始められるブログサービスを有効活用しましょう。

それがBloggerです。

Bloggerをお勧めする理由①面倒な登録が必要ない

僕が初心者の方にBloggerを強くお勧めする理由は、面倒な登録が必要ないという点です。

BloggerはGoogleが運営しているブログサービスの為、Googleアカウント1つあればすぐに始められます。

GmailのアドレスがそのままログインIDになるんです!

Gmailのアカウントなら皆さん持ってますよね。

導入の敷居が低いので、その分記事を書くことに集中できます。

サボるところはサボって、まずは"記事を書く"ということに慣れましょう。



Bloggerをお勧めする理由②審査なしでGoogle AdSenseが導入できる

ブログの収益化といえばGoogle AdSenseが一般的だと思います。

ただ、Google AdSenseって2016年頃から審査が非常に厳しくなっているんですよね。

無料ブログではそもそも通りにくいですし、独自ドメインのサイトでも記事の質が良くないとフツーに落とされます。

最初からそんな質の良い記事なんてなかなか書けないですし、一度もブログをやったことがない人が有料のブログを立ち上げよう!というのも人によってはハードルが高いと思います。

そこでBloggerですね!

先ほども書いた通り、BloggerはGoogleが運営しているものなので、なんと審査なしでAdSenceを導入できるんです!

これは僕も最初知らなかったので、びっくりしました。
(実際に何も無さすぎて、肩すかし感すら感じてしまいました(笑))

具体的にはBloggerの管理画面の「収益」タブを開いて、あとは画面に沿って進めるだけで、簡単に導入できます。

ちゃちゃっと収益化を開始しちゃいましょう!

Bloggerをお勧めする理由③広告が表示されない

無料のブログツールだとlivedoorブログやはてなブログなども使いやすくて有名なのですが、こちらは広告が自動的に挿入されてしまいます。

ブログの収益化を考えるなら、ただでさえ広告を貼らなければいけないのに、それ以外の自分にとってプラスにならない広告が表示されてしまうのは邪魔ですよね。

その点、Bloggerは無料で使えるのにも関わらず広告表示が一切ありません。
これはかなりのメリットです。

ブログに慣れてきて、がっつり稼げるようになってきたら、移転するのもあり

一応補足として書きますが、Bloggerで書いたブログ記事をそのままレンタルサーバー上のWordPressへ移転することもできます。

Bloggerで始めちゃったから後で取り返しつかない、なんてことは全然ありません。

難易度に関しても、WordPressには記事のインポート機能や様々な便利プラグインもあるので、そんなに難しくないでしょう。

無料ブログは規約変更などのリスクが少なからずあるので、慣れてきたらそういうことを考えるのもありですね。

でも、何度も言いますが、最初は記事をバンバン書いて慣れる方が大事です。

記事を量産しながら、知識や経験を増やし、必要に感じたら考え始めるぐらいで問題ないです。

これからブログを始める人にお勧めの本

プロブロガーイケダハヤトさんの書籍。

ブログをやっていくにあたって非常に大事なノウハウが詰まっているので、これだけは読んでおいて絶対損はないです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました