バンドでギターを担当!まずは必要なものを揃えよう!

音楽

ギタリストはボーカルに次いで、バンドの顔ともいえる存在ですよね。

人気な楽器だけに始められる方は多いですが、
最初に必要なものが分からなくて困ってしまう人も多いと思います。

この記事ではギターをこれから始めようと思っている方に、
最低限必要なものをアドバイスできればと思います。

スポンサーリンク

本体

ロックバンドで使用されるのは基本的にエレキギターがメインですが、
その中にも非常に多くの種類が存在します。

・ストラトキャスタータイプ
・テレキャスタータイプ
・レスポールタイプ

などなど。

また、出しているメーカーによって音も変わりますし、
材質などによって、値段もピンキリです。

とはいえ、いきなり全てを把握して選ぶのは難しいので、
最初は、初心者向けのものを選ぶといいでしょう。
安いのだと、1万円ぐらいのものもあります。

音にこだわるのは腕がついてからでも全然遅くありません。
まずは触ってみることが大事です。

あとは、見た目で選ぶのも全然ありだと思いますよ!笑

やっぱり自分好みの見た目のギターで弾くとテンション上がりますし、そういう気分で練習した方が上達も早いものです。

好きこそ物の上手なれ、ってことですね!

ピック

本体と合わせてピックも揃えておきましょう。

ピックには、三角形と水滴のような形状の違いや、硬いものや柔らかいものなど、様々あります。

1枚100円程度で買えるので、いくつかの種類を何枚か購入しておいて、
自分にしっくりくるのはどれなのか、色々試してみると良いですよ!

アンプ

エレキギターはアンプが無くても、音は鳴るので練習自体はできるのですが、
できたらアンプを繋いで弾いた方が、感覚をつかみやすくて良いと思います。

自宅用というと15Wぐらいの小型の安いものを勧める方も多いですが、
アンプはものによってかなり音が変わるので、あんまり小さすぎるのは個人的にはお勧めできません。

アンプは出力される音に与える影響値が(ぶっちゃけギター本体よりも)大きいので、
初心者の方で最初にお金かけた方がいいと思うのはここです。

さっきのテンションの話もそうですが、
綺麗な音で練習するのとそうでないのでは、練習の質がかなり変わってきますよ!

シールド

シールドというのは、ギター本体とアンプやエフェクターなど他の機材をつなぐケーブルのことです。

メーカーによって値段は数千円〜一万円を超えるものまでありますが、
初心者の方は1000円ぐらいのもので良いと思います。


長さも1.5mとか、3mなど色々あります。


スタジオによってはアンプから少し離れた位置で演奏しなければならなかったりすることもあるので、数種類持っておくと安全かもしれません!



 

ギターの弦は意外と脆く、演奏中に切れることも多々あります。
スタジオなら販売しているところもありますが、たまーに置いてない場所もあるので、
いつでも交換できるように準備しておくのをお勧めします。
また自宅で練習している時に切れてしまったら、練習できなくなってしまいます。
そういう理由で練習がストップしてしまうのは非常にもったいないので、ワンセットは予備を用意しておきましょう。1000円ぐらいで全然変えます。
ちなみにメーカーなどによって硬度や太さが結構違うので、自分やバンドのスタイルに合ったものを選ぶのも大事ですね!
判断に迷う場合は真ん中あたりの程度のものから始め、購入するたびに少しずつ違うものにしていくと失敗しにくくなります。

チューナー

ギターのチューニングにつかう道具ですね。
チューニングとは、音楽初心者の方は聞き馴染みないかもしれませんが、
弦の音程を決められた高さに合わせるために、弦をきつくしたり、緩めたりすることです。

弦は時間が経つとだんだん緩んできてしまうので、
練習の前など、こまめにチューニングをする必要があります。

とくにバンドで練習する前にずれていると他のメンバーに怒られるので気を付けましょう!

おわりに

ギターを始めるのに最低限必要なものを一通り紹介させていただきました。
・・・正直、ギターって必要な道具多いですよね。
こんなにいきなり全部覚えられない!って挫折してしまう方も多いと思います。
でも、焦ることはありません。
始めてしまえば案外すぐ覚えられるものです!
これらのアイテムがすべて揃っているセット商品なども、今は非常にお手頃価格で提供されているので、そちらを利用するのもオススメです。
始める前に悩みすぎて時間を無駄にしてしまうより、
サクッと揃えてまずはスタートを切ってみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました