調性とは何か。調性・音名・主音などについてわかりやすく解説します。

音楽

音楽をやっていると、この曲はハ長調だとか、あの曲はAマイナーだとか、聞くことがありますよね。

音楽理論って難しくてよくわかんない。 調なんて知らなくても演奏できていればいいんじゃないの?

もちろん、演奏する上では、それでも全く問題ありません!

でも、せっかく演奏できるのであれば、音楽理論も知識として入れておいた方が、演奏や表現の幅が広がるので、おすすめなのです!

例えば旅行に行く時に、事前にその土地の歴史とか地理について調べていると、旅がより楽しくなるのと一緒で、音楽の基礎を学んだうえで演奏をすると、より一層音楽活動が楽しくなります。

この記事では、音楽理論の基礎の基礎、「調性」についてわかりやすく解説していきます。

ぜひ覚えていただいて、皆さんの音楽活動に少しでもプラスになればと思います^^

スポンサーリンク

音名を知ろう

色々な国の音名

音というのは、高さを表す為に全てに名前(「音名」と言います)が付いています。

「ド」とか「レ」のことです。

「ドレミぐらい知ってるよ!」という人がほとんどだと思います。

ただ、同じ音でも、呼び方が色々あるんですよね。

「ド」とか「レ」と呼ぶときもあれば、「C」とか「D」と呼ぶ場合もあります。

「ド、レ、ミ・・・」はイタリア語で、「C、D、E・・・」は英語、言語の違いなだけなので、「ド」=「C」で、「レ」=「D」です。

音楽をやっていない方からすると意外に思われることも多いですが、日本語の「イロハニホヘト」も同じです。ただ「イロハニホヘト」は「 ラ」の音から始まっているので、「ハ」=「ド」=「C」です。

なんかわかりにくくなってきたのでまとめます(笑) 下記の画像を見てみてください。

日本音楽では、各国の言語が入り混じっている

単純に言語の違いだけなので、一見ドレミだけ覚えていれば問題ないような気もします。

ただし日本の音楽では、各国の言語が入り混じっていて、状況によって使い分けられたりしています。

例えば、単純に1音だけ拾って表現するときは、「ド」とか「レ」と呼ぶことが一般的ですよね。

一方で、コードやスケールの話をするときは基本的に「Cメジャー」とか「Dマイナー」と言う場合が多いんじゃないでしょうか?

一方、本記事で解説「調性」について話す時は「ハ長調」とか「イ短調」という事も多々あります。(「Cメジャー」「Dメジャー」という時も結構ありますが)

つまり、この3か国語のドレミファソラシドはパッと出てくるようにインプットしちゃった方が楽だよ~という話ですね!

これぐらいなら覚えられそう♪

調性について知ろう

さて、音名を覚えたら次は本題の調性です!

調性いうのは、簡単に言うと、「どの音が主役で、主役以外はどういう音の構成になっているか」を示すものです。

具体的には、冒頭で話した、「ハ長調」とか「Aマイナー」というものを「調性」と言います。  

1.どの音が主役(主音)か

上ではわかりやすく主役と言ったのですが、音楽用語として正しくは「主音」といいます。

「ハ」長調では、和「ハ」= 伊「ド」= 英「C」の音が主音となっています。

主音はその曲の中で最も安心する作用があります。

その為、主役としてふさわしく曲中に頻繁的に使用されますし、最後の締め役としても使われやすいです。

実際に曲最後の1番低い音(ヘ音記号の1番低い音)を確認してみると、主音となっているケースが多いんですよ!下記をご覧ください。  

こちらはバッハのメヌエット(ト長調)の最後のフレーズです。

最後がヘ音記号の「ソ」の音で終わっているのがわかると思います。

ト長調=ソの音が主音なので、「ソ」の音で曲最後に使われている、という事です。

主音で終わると「あぁ、終わった」っていう感覚があるので、なんとなく感覚で分かる方も多いと思います。

ライブとかで曲の最後に演奏隊が「ジャーン!」って締めるやつあるじゃないですか?
の音も主音であるケースがほとんどなんですよ!

2.主音以外の構成

次に、主音以外の構成を見てみましょう。

ハ長調(Cメジャー)

「ハ」長調は「ド」が主音、「レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シ」がその他の構成音となっています。(※属音、導音などそれぞれ名称がありますがここでは割愛します)

調号が付いていない、最もシンプルな調性と言えますね。

次に、調号(#)のついた譜面を見て見ましょう。

ト長調(Gメジャー)

#が1つ付く調性は「ト長調」となります。

ハ長調の主音「ド」から5度の関係にある「ソ」が主音です。

そして、「ラ、シ、ド、レ、ミ、ファ#」がその他の構成音となっています。

#は「その他の構成音」の一番最後、「ファ」に付きました。

次は#が2つ付いた調性を見てみましょう。

ニ長調(Dメジャー)

#が2つ付く調性は「ニ長調」となります。

ト長調の主音「ソ」から5度の関係にある「レ」が主音です。
そして、「ミ、ファ#、ソ、ラ、シ、ド#」がその他の構成音となっています。

#は「その他の構成音」の一番最後、「ド」に付きました。   さぁ、勘の良い方はこの辺りでもう気づくと思います。

まず、主音の移り変わりに注目してみると、「ド」→「ソ」→「レ」と、それぞれ5度上の音になっていることがわかります。

このように、主音は#が1つ増えるごとに5度ずつ上の音になっていくという規則性があります。

次に、#が付いていく箇所に注目してみましょう。

ト長調、ニ長調、どちらも主音の1個手前の音に#が新しくついていることがわかると思います。

このように、新しく#が付く場所は必ず主音の1度下の音になります。

ここまで理解できれば、#が3つ付いた調性がどんなものになるか、もうわかるはずです。

#が3つ付く調整はレから数えて5度上の音。
レ、ミ、ファ、ソ、「ラ」
「ラ」(和:イ)が主音なので、「イ長調」ですね。

そして、#が加わる箇所は「ラ」の1度下・・・「ソ」です。

イ長調(Aメジャー)

・・・正解!!

簡単ですね!
この要領で行けば、全ての長調を簡単に覚えられます。

最後にまとめておきますので、答え合わせに使ってください。

※短調に関してはまたの機会にまとめようと思います

おわりに

いかがでしたか?

初心者の時って、調性の種類とか、#の付く場所に色々なパターンがあると思って複雑に感じちゃいますよね。

ですが、意外と蓋を開けてみるとそんなに複雑じゃないのです。

・主音は#が1つ増えるごとに5度ずつ上の音になる
・新しく#が付く場所は必ず主音の1度下の音になる

これだけ覚えちゃえば楽勝です!

それでは、音楽理論に詳しくなって、よりよい音楽ライフを!

書籍紹介

音楽理論の本は世の中にたくさんあるのですが、その際に重要なのは、最初からあまり難しい本に手を出さないことです。

いきなり難しい本を読んでも理解できないあげく、音楽に苦手意識を持っちゃう場合もあります。もったいないですよね・・・!

↓こちらの「マンガでわかる!音楽理論シリーズ」は漫画形式でサクっと読めて簡単に理解できるので、導入としてはかなりおすすめです。

↓こちらも短いセンテンスのQ&A形式なのですごく読みやすいです。
値段はなんと100円!缶コーヒー1本より安いので迷わず買ってOKです。

ピアノ初心者Q&Aレシピ(おとなのピアノレッスン)[Kindle版] posted with ヨメレバ 梶原厚美 ピアノレシピ 2014-04-04 Kindle

関連記事

こちらの記事も読まれています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました