アニメ『Just Because!(ジャストビコーズ)』タイトルの意味と本作のメッセージ性について

アニメ

先日、TVアニメ「Just Because!」の放送が終わりました。

台詞に頼らず、音楽や美術、表情の繊細な変化といった"アニメというメディアの長所"を最大限活用した表現など、すごくしっかりと作られていて、考察しがいのある素晴らしい作品でした。

本ブログでは1話ずつ感想や考察を書いていましたが、そこで触れられなかった事柄について、僕なりの解釈を書いていこうと思います。

合わせて、1話ごとの記事もぜひお読みいただけると幸いです。

Just Because! 記事一覧

スポンサーリンク

タイトル「Just Because!」の意味と本作のメッセージ性

「Just Because!」というタイトルの意味は何だったのでしょうか。

・・・っていうテーマで書こうと思ったのですが、公式にほぼ正解がありましたね。(笑)

学の頃に一度は遠くの街へと引っ越した同級生。
季節外れの転校生との再会は、
「なんとなく」で終わろうとしていた彼らの気持ちに、
小さなスタートの合図を響かせた。

引用:http://justbecause.jp/#intro

「なんとなく」
これですね。

タイトルにしてはすごく曖昧なワードというか、変わっていますよね。(笑)

この「なんとなく」を、もう少しだけ掘り下げてみたいと思います。

"「なんとなく」で終わろうとしていた彼ら"が指す人物には、相馬陽斗(葉月への想いを打ち明けられずに終わろうとしていた)や、森川葉月(大好きだった吹奏楽を続けることを諦めようとしていた)等、おそらく全登場人物が含まれていると思います。

ただ、もっとも当てはまるのが本作品の真ヒロイン、夏目美緒だと、僕は考えています。

物語の序盤では、美緒は自らの意思を持たず、ただ、なんとなく姉と同じ生徒会長をやって、ただ、なんとなく姉と大学を受験しようとしていました。

"自分の意思""本気になれるもの"を持っていない状態。
それに疑問すら持っていませんでした。

瑛太「夏目が被写体になれば?」
美緒「私は……無理。こんな瞬間私の予定にない。」

一方、"本気になれるもの"を持っている小宮恵那泉瑛太と触れ合うことで、自分だけそういったものを持っていないという事に気づき、焦りを感じ始めました。
その後は葛藤が続きましたが、最終的に見つけることができました。

それは、"瑛太への想い"

"自分の意思""本気になれるもの"を見つけた美緒は、人間的に大きく成長し、受験へのエネルギーに変えます。
そして、直前に志望校のランクを上げたのにもかかわらず、見事合格を果たします。
人間は目標が出来てそれに向かう時に、一番成長できるものですよね。

こうして、"なんとなく"で終わらせなかった美緒は、本作の最後で瑛太との未来を手に入れます。

あなたの身の回りでも、"なんとなくで終わらせてしまった過去""なんとなく習慣付いてしまっていること"はありませんか?

"なんとなく"を放置せず、その先に進むことができれば、人間は一段成長する。

これが本作から学ぶ最も重要なメッセージだと、僕は思います。

サブタイトル「あいつを好きな君の横顔が、たまらなく綺麗だったから―」

次にサブタイトルに対する考察です。

このサブタイトル、最初は"瑛太が「陽斗の事が好きな美緒」を好き"という意味だと思っていたのですが、それだけではないことが、作品を追っていく過程でわかってきました。

作品中の登場人物の好意を連鎖的に書くと、

清水→恵那→瑛太→美緒→陽斗→葉月
※美緒→陽斗のところは実際本当の好意ではないかもしれないですが、瑛太目線だと、本当の好意に見えます。

こうなります。(清水だけ主要キャラじゃないのが悲しい)
面白いですよね。人間というものは尊いものを追ってしまう生き物なのです。

本作品の本当の楽しみ方は、主人公の瑛太とヒロインの美緒だけではなく、それぞれの登場人物の目線で見ることだと思います。まさに群像劇。

以上、Just Because!の考察でした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました