エキスパンダーとは?ノイズゲートとは?仕組みや使い方例など、わかりやすく解説します。

音楽

本記事では、エフェクター「エキスパンダー(Compresser)」「ノイズゲート(NoiseGate)」について、わかりやすく解説します。

実際に機材をお持ちの方は、それを使いながらお読みいただくとより理解が深まります。

スポンサーリンク

エキスパンダーとは

エキスパンダーとは、入力された音が一定の音量より小さくなった時に音量をさらに絞ったり、逆に、一定の音量より大きくなった時に音量をさらに増大させるという効果を持ったエフェクターです。

簡潔に言ってしまえば、最大音量と最小音量の差(ダイナミックレンジ)を広げることができます。

ちなみに、エキスパンダーと全く逆の動きをするエフェクターを「コンプレッサー」といいます。どちらかというとこちらのほうが有名なので、ご存知の方も多いと思いますが。

※コンプレッサーについては下記の記事で解説しています。

コンプレッサーとは?リミッターとは違う?仕組みや使い方例など初心者の方でもわかりやすく解説します。【キーボード・シンセ】
本記事では、エフェクター「コンプレッサー(Compresser)」や「リミッターLimiter」について、わかりやすく解説します。実際に機材をお持ちの方は、それを使いながらお読みいただくとより理解が深まります!コンプレッサ...

エキスパンダーの中で最も有名なものが、不要なノイズをカットすることに目的を絞った「ノイズゲート」というエフェクターです。

ノイズゲートとは

バンドなどでスタジオでギターを弾いたことがある方はご存知かもしれませんが、ギターをアンプに繋いでいると、たとえミュートをしていても小さなノイズが聞こえますよね。

このノイズ、演奏している時は全く聞こえないレベルですが、休符部分では結構気になる場面が結構あります。(使用している機材にもよって気になるレベルは異なると思いますが)

こういった休符タイミングで不要な音をしっかりカットすることができれば、楽曲の静と動のメリハリを強くすることができますし、より完成度の高い音楽を作ることができます。

そうした背景から生まれてきたのがこの「ノイズゲート」というエフェクターです。
(「ゲート」と略して呼ばれることもあります。)

ノイズゲートを使用すれば、このような不要なノイズをカットすることができます。

エキスパンダーとノイズゲートの違い

エキスパンダーとノイズゲートは、基本的な仕組みはほぼ同じです。

ただ、エキスパンダーは、よりエフェクターを通過した際の音量を細かく設定することができる特徴があります。

コンプレッサーと同様、レシオ(Ratio)というパラメータを使って、音量をどう変動させるのかを調整することができます。

エキスパンダー・ノイズゲートの仕組み

基本的な仕組み

続いて、エキスパンダー・ノイズゲートの基本的な仕組みを図とともに見ていきましょう。

▼スレッショルド(Threshold)
圧縮が始まる音量

▼ レシオ(Ratio)
圧縮する比率

音量がスレッショルド(閾値)以上ならレシオで設定した比率で増加させ、逆にスレッショルド以下ならレシオで設定した比率で音量を圧縮します。

なお、先ほどお話したように、音量を細かく調整できるのはエキスパンダーの機能ですので、ノイズゲートにはレシオの機能が無い事が多いです。

ノイズゲートの場合は、上記のレシオの値になるタイミングで音量が完全に消えるイメージです。

なお、ノイズゲートでは、 スレッショルド以下の音量が圧縮されて聴こえなくなることを、 「ゲートが閉じる」といい、 逆にスレッショルドを超えて再び聴こえるようになることを「ゲートが開く」といいます。

アタックタイムとリリースタイム

エキスパンダーの場合、スレッショルド以上になってレシオで設定した比率の音量になるまでの時間をアタックタイムといいます。

ノイズゲートの場合も同様ですが、スレッショルド以上になって、ゲートが開き始めてからゲートが完全に開ききって元のレベルに戻るまでの時間をアタックタイムといいます。

アタックタイムは、遅すぎると楽器音の出だしの部分が不自然に欠けてしまうため、不自然にならない程度に速めに設定していくのが基本です。

一方で、スレッショルド以下になってレシオで設定した比率の音量になるまでの時間をリリースタイムといいます。(ノイズゲートの場合はスレッショルド以下になってゲートが閉じ始めてからゲートが完全に閉じて音が聴こえなくなるまでの時間をいいます)

リリースタイムは楽器音の終りの部分が不自然に切れないように長めに設定するのが基本です。

特殊な使い方

先ほどはアタックタイムは速いのが基本的であると伝えましたが、逆にアタックタイムを遅くすることで立ち上がりの鋭い楽器音を削り、柔らかい音に変えるなどの使い方もあります。

例えば、エレキギターの音色を強いアタック音を削って、ヴァイオリン風の緩やかな立ち上がりの音に変えるなど、積極的な音作りとして使用される場合もあるようです。

シンセサイザーのエンベロープ・ジェネレータをと同じような使い方に近いですね。シンセサイザーではあえてエキスパンダーを使うメリットはあまりありませんが、ギターなどではこういう使い方をすると、注目を浴びることも可能かもしれません!

おわりに

今回はエキスパンダー・ノイズゲートの解説をさせていただきました。

私のようなキーボーディストとしてはあまり使用する場面は多くないですが、バンドアンサンブルやレコーディングなどでは間違いなく知っておいた方が良い知識ですね!

書籍紹介

シンセサイザーには数多くのエフェクターが搭載されており、適当にいじったり説明書を見ただけで理解するのはなかなか難しいです。

そうやって試行錯誤するのも決して悪くはないですが、良い本を一冊でも読むと意外とすんなり理解できたりします。音楽だけの話ではないですが、限られた時間の中でより効率的に知識を得るには、先人の知恵を借りるのがもっとも手っ取り早いです。

下記は私が本記事を書くにあたって参考にした書籍で、多種多様なエフェクターの知識がわかりやすく、簡潔にまとめられています。エフェクターについてもっと知りたい!でも時間がない・・・という方は是非読んでみてください!

コメント

  1. I’m not sure where you’re getting your information, but great topic.

    I needs to spend some time learning more or understanding more.

    Thanks for magnificent information I was looking
    for this information for my mission.

タイトルとURLをコピーしました