FFBE幻影戦争のプレイ感想と思うところ(シナリオとバトルの連動感の重要性について)

ゲーム

2019年11月に、FFシリーズのスマホアプリ最新作「FFBE 幻影戦争」がリリースされましたね。

私は子供の頃にFFタクティクスにどハマリしていた時期があって、懐かしいなぁと思いながら、リリースからしばらくプレイしていました。

プレイしていて、良いところも悪いところも含めて、色々思うところがあったので、1ゲームユーザーとして、そしてゲーム開発者の目線で、まとめていきます。

スポンサーリンク

FFタクティクスのバトルがちゃんと継承されている!

まず、FFタクティクスファンとしてのFFタクティクスとの比較ですが、正直バトルの再現度はかなり高いなと思いました。

MOVEJUMPなどの移動系のパラメータや、ブレイブフェイスなどのインゲーム内外で引き継がれるパラメータなど、懐かしい言葉が多く継承されていて、思い出に浸ることができました(笑)

また育成方法は違えど、JP(ジョブポイント)をためてキャラを育成するっていうのも懐かしいですね。

ちなみに開発会社のgumiさんでシュミレーションRPGといえば「誰ガ為のアルケミスト(タガタメ)」がありますね。

システムが似ていて駄目だみたいな意見を(他のブログさんとかSNSで)ちらほら見ますが、私はタガタメをあまりプレイしてないので、そこに関してはあんまりよくわかりませんが、むしろタガタメがFFタクティクスをベンチマークして作られているんじゃないなか?と思いました。

結論、FFタクティクスのバトルシステムが好きだった人は、普通に楽しめるゲームだと思います!

シナリオ自体の出来

シナリオ自体は王道ですが、FFらしくて普通におもしろいと思います。

リオニスの第一王子モントと第二王子シュテルを中心として、新しい出会いと絆、敵国の人物との争いや、様々な思惑が群像劇的に展開されていく話はシンプルに面白いですし、続きが気になります。

ただし・・・(本題に続く)

本題。とても残念に思うこと

これはまぁ正直スマホアプリの宿命ともいえるかもしれませんが、シナリオパートとバトルパートがつながっているようでつながっていない、というのがとても非常に残念であり、不満である点です。

具体的に説明します。

第一章のシナリオの流れとしては、リオニス国とホルン国との国境付近で紛争があり、第一王子モントとリオニス王のエルデが城を出て向かいます。
一方で、出陣を望んだ第二王子シュテルは、エルデの命令により出陣させてもらえず、リオニス城で待機させられます。

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by gumi Inc.
LOGO ILLUSTRATION: © 2018 YOSHITAKA AMANO
IMAGE ILLUSTRATION: ISAMU KAMIKOKURYO

物語は第一王子モント目線で進み、敵と遭遇します。

そこでバトルパートにうつるのですが、実際にバトルパートで戦うのはプレイヤーがパーティに編成したキャラクター。私は運良くガチャで第二王子シュテルを引いたので当然パーティに編成しています。

そうすると、城で待機してるはずのシュテルが、普通にモントたちと一緒に外で戦っているんですよね。。。(当たり前といえば当たり前ですが)
あれ、なんで君ここにいるの?みたいな感じ(笑)

© 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. Co-Developed by gumi Inc.
LOGO ILLUSTRATION: © 2018 YOSHITAKA AMANO
IMAGE ILLUSTRATION: ISAMU KAMIKOKURYO

パーティに編成した私が悪いといえばそうなんですが、
そもそもユーザーの選択でこういうことになってしまうシステムが良くないですし、シュテルはリセマラ人気高いので、こういうことになるユーザーは多いと思います。

上記は一例ですが、他にもそもそもシナリオ的には対立している同士のキャラを同時にパーティ編成すると、敵同士が助け合って戦っていたりとか、もうわけわからん状態ですね。。。

過去作のFFタクティクスでは、展開的に主要となる人物は自動的にパーティに入っていたり、それ以外のパーティも、いわゆる"モブ"的な扱いになっていたからバトルとシナリオの連動感が没入感を生み出していたと思うんですよね。

バトル中に会話が発生して展開が変わったりとかそういうのもあって臨場感も出ていましたし。

こういう、シナリオとバトルの連動って"ゲーム”としてめちゃめちゃ大切なことだと思います。
そこをこんなふうに中途半端にするんだったらそもそもゲームじゃなくてアニメとか漫画でいいですし。

ビジネスとしてガチャでキャラを売らないといけないのはわかるんですが、もうちょっとなんとかできるでしょ、って感じです。最近のスマホゲームってこういう、当たり前のところが軽視されているのが多くて非常に残念ですよね。そのくせ「重厚なシナリオが〜」みたいな打ち出し方してたりしますしね。

・・・と愚痴ばかりになってしまいましたが、とにかく最近のスマホゲームのダメなところが色濃く出ている作品だな、というのが私の一番思ったところです。

もちろん、こういうところに気を配られている作品もたくさんあります。
グラブル(グランブルーファンタジー)とかグラクロ(七つの大罪)とかは良い例だと思います。
シナリオ上必須のキャラがバトルに自動的に組み込まれていて外せなかったり、逆にこのキャラは編成禁止〜とかもありますね。

要はプロジェクトのポリシー次第だと思いますが、私としては、そういう一つの作品としてプライドとこだわりをしっかり持っているタイトルを応援したくなります。

おわりに

・・・と、めちゃめちゃ批判しておいてあれですが、
そこ以外(育成の楽しさ、コンテンツの豊富さなど)はとても良く作り込まれていますし、
プレーは継続する予定です(笑)

FFタクティクスの主にバトル面が好きだった人にはおすすめですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました