音程の「長・短・増・減・完全」とは?Vol.2〜完全協和音程の意味についてわかりやすく解説【音楽理論・初級】

音楽

前回の記事では、「長」と「短」という言葉の意味について、簡単にわかりやすく解説しました。

次は「完全5度」「完全8度」などと言われる「完全協和音程」について、初心者の方でもわかるように解説します!

▼前回記事

スポンサーリンク

完全とは?

前の記事で、同じ度数でも
半音が多い=長さが長いものは「長」
半音が少ない=長さが短いものは「短」
と説明しました。

そして、それは「3度」だけでなく「2度」などでも同様であると説明しました。

しかし実は、どの音程でも長と短が付けられるわけではなく、長・短をつけることができない音程というものも存在します。

それが、「完全協和音程」と呼ばれる音程です。

長短をつけることができない音程=完全協和音程

「1度」「4度」「5度」「8度」の音程は、音同士の相性が非常に良く、音が重なった時にきれいに響き合う性質があります。

「ド」を基音にした時の「1度」「4度」「5度」「8度」

それゆえ、「長」「短」の概念は存在せず、代わりに頭に「完全」という称号が付きます。

「完全8度」「完全5度」「完全4度」「完全1度」という感じです。

なぜ音同士の相性が良いかについては、ここでは詳しく説明はしませんが、ひとまず「周波数の比率的にそうなっている」ぐらいに思っていただければ大丈夫です。
ここについてもっと詳しく知りたい方は、下記の記事を見てみてくださいね!

そして、このように「完全」の称号が与えられる4つの音程を「完全協和音程」といいます。
中二風に言うならば、いわゆる音程界の四天王というやつです(笑)かっこいいですね!

ちなみに「完全」は英語で「Perfect」。
例えば、完全5度だったら「Perfect5th」などと呼びます。(これもかっこいい)

最強の組み合わせ=絶対協和音程

ちなみに、完全協和音程の中でも「完全1度」と「完全8度」に関してはさらに特別で、
絶対的な調和性を持つことから、「絶対協和音程」と呼びます。

「完全1度」は基音、「完全8度」は1オクターブ上の音なので、完全協和音程の中でも最も相性の良い音程、というわけです!

4度や5度に#や♭が付く場合は?

4度や5度が完全協和音程と言われるのはわかったけど、それじゃあ2度や3度のように#や♭が付いて長さが変わった場合は何て言うの?と思った方も多いと思います。

そこで登場するのが「増」「減」という言葉です。

こちらに関しては次の記事で説明します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました