バンドキーボード初心者講座1~曲選び編~【キーボード・シンセサイザー】

音楽

バンドでキーボードを担当することになったけど、何から初めればいいんだろう・・・?

このシリーズは、そんな方のお悩みに答えます!

曲選びから音作り、練習方法まで、キーボードを始める上で絶対に知っておきたいことを、私の実体験から得たものを含めて解説していきます。

本記事ではまず一番最初のフェーズとして、「曲を選ぶ上での重要なポイント」についてお話します!

これからキーボードに挑戦される方、始めたばかりの方はぜひ参考にしてみてくださいね^^

※初心者の方でいきなりオリジナル曲をやるのはあまりお勧めできないので、この記事では基本的に既存楽曲のコピーを前提にお話します。

スポンサーリンク

バンドスコアやバンドピースのある曲

まず、曲選びはバンドメンバーと一緒に決めることが多いと思いますが、最初は「バンドスコアやバンドピースのある曲」を選ぶようにコミュニケーションを取りたいところですね。

※一応補足すると、バンドスコアはそのアーティストの複数の曲のバンド全体の譜面がまとまった楽譜で、バンドピースは1曲だけのバンド全体の譜面がまとまった楽譜です。

過去にピアノなどをある程度のレベルまでやっていたのであれば例外ですが、初心者で鍵盤楽器をこれまで弾いたことがないのにいきなり耳コピで始めるのは、難易度が非常に高く、完成するまでに膨大な時間がかかってしまいます。

完成するまで時間がかかりすぎると、モチベーションも下がってきますし、何よりキーボードという楽器の特徴、フレーズの特徴を学習することもできません。

その点、バンドスコアはその通りに弾くだけで形になるので早く慣れるための時短になります。
そして、様々なフレーズの特徴を知ることができ、演奏の引き出しも増えていきます。

また、バンドスコアを見ると他の楽器が何をやっているかも掴みやすく、"バンド"そのものにより早く慣れることができるのも大きなメリットですね!

耳コピをやりたいという方でも、最低でも5~10曲ぐらいバンドスコアでコピーしてから、耳コピに挑戦した方が、結果的に耳コピの質も上がります。

バンドスコアの探し方

ちなみにバンドスコアやバンドピースの探し方ですが、「曲名 バンドスコア」や「アーティスト名」でAmazonとかで検索すれば、ある程度有名な曲であれば、結構出てくると思います。
(↓バンドピースはこういうのです)

※ピアノピースと間違えないように注意‼︎

あとは、楽器屋さんにいって直接バンドピースやバンドスコアなどを探してみるのもいいかもしれないですね^^

キーボードパートがある曲

これは当たり前かもしれませんが、「キーボードパートがある楽曲を選びましょうw

ご存知の通り、ロックだと、ギター・ベース・ドラムだけしかないの楽曲は結構あります。

完成された曲にアレンジでキーボードを入れるのは、ぶっちゃけかなり難易度が高いです。

かなり上手くやらないと、他のパートを邪魔してしまったり、原曲の雰囲気を壊してしまいかねません;

アレンジも楽しいですが、ある程度経験を積んでから挑戦してみましょう!

有名な曲

有名な曲は必然的に演奏する人が多くなります。
演奏する人が多いということは、それだけ参考にできるものが多いということです。

ギター等と比べると少ないですが、有名な曲だと、youtubeなどでキーボードパートの演奏動画を上げている人も結構います。

自分の演奏を他の先輩キーボーディストの演奏を、同じ曲で比較できるのは、演奏上達の大きなチャンスになります。

「いや、自分は誰もやっていない道を進みたいんだ!」と考える方もいると思いますが、最初ははグッとこらえて、有名な曲を複数演奏するのが、上達の近道です!

スポンサーリンク

楽曲の難易度

難易度は、曲を選ぶ上での大きなポイントだと思います。

ここはピアノ経験者かどうかで結構分かれると思います。
ピアノ経験者で腕に自身があれば、そこまで気にしなくてもいいかもしれませんが、未経験者であれば、最初はできるだけ簡単な曲を選びたいです。

特に、キーボード(シンセサイザー)は他の楽器より機能や使い方が複雑です。

そもそも楽器自体に慣れるのが大変なので、技術的な練習に割ける時間もおのずと減ってしまいます。

その点も視野に入れて、最初はできるだけ無理のない範囲で選びましょう!

バンドスコアによっては初心者向けに簡単にアレンジされているものもあるので、 そういうのを活用するのも良いと思います。

ピンポイントで難しい部分があれば、音数を減らしても演奏しても全然大丈夫です。
有名なピアノ講師、角聖子先生の受け売りですが、難しいフレーズを無理やり弾くよりも、今の自分のレベルに合うように音を減らして、余裕を持って弾いたほうが、結果的に良い演奏になります。

好きな曲、好きなアーティストの曲

最後に、何といっても、自分の好きな曲をやるのが一番大事です!

自分の好きな曲を演奏できた時の嬉しさって、本当にすごいですから^^

それに、キーボードを上手くなるには、とにかく続けることが大事なので、続けるためには、モチベーションが自然と高まる曲はそれだけで大きなメリットです。

おわりに

ここまでお読みいただきありがとうございます^^

この記事が皆さんの曲選びの参考になれば、とても嬉しいです。

次の記事では、実際にその曲のどの音を演奏していくか、そしてどのようなセッティングを作ればいいかについて解説する予定です。

ぜひそちらも見て頂けると幸いです。

▼次の記事はこちら▼

関連記事

バンドでアニソンを弾きたい人はこちらの記事がおすすめです^^

技術を早く上達させたい方は、下記の記事もおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました