音程の「長・短・増・減・完全」とは?Vol.3〜増と減の意味をわかりやすく解説【音楽理論・初級】

音楽

本シリーズではこれまで「長」「短」「完全」という言葉の意味について、解説してきました。

最後に、もう一つの冠である「増」と「減」について説明していきます。

ここがこのシリーズの中で最も複雑なので、良く読んで理解してくださいね!

スポンサーリンク

増・減とは

以前の記事で、同じ3度という音程でも、半音分距離が長いのが「長3度」、短いのが「短3度」と呼ぶ、とお話しました。

「増」や「減」というのは、そこからさらに半音を広げたり、狭めたりしたものをいいます。

長3度からさらに半音を広げたのが増3度
短3度からさらに半音を狭めたのが減3度
というイメージです。

また、「増」から更に半音広げたものを「重増」、「減」から更に半音狭めたものを「重減」といいます。

完全には長短がなく、増減のみが付く場合がある

前の記事でもお話しましたが、「完全(完全協和音程)」である1度、4度、5度、8度は、長や短の概念がありません。

そのため、完全から半音広げたり、狭めたりする場合は、最初から増や減がつきます。

完全5度と減5度

次に、具体例を見てみましょう。

次の画像は、ドレミファソの「5度」シドレミファの「5度」を比較したものです。

ドレミファソの「5度」は、半音が 7個分の長さになっています。
半音が7個分というのは、周波数比率がとてもバランス良く、音が綺麗に調和します。
そのため、このように半音が7個分の長さの5度を「完全5度」というのです!

次に、シドレミファの「5度」ですが、こちらは半音が6個分の長さしかありません。
半音が6個分だと、周波数比率はあまり良くありません。
このように半音が6個分の長さの5度は「完全」の称号が付かず、「減5度」といいます。

ちなみに、何もつけずに「5度」と呼ぶ場合は、普通は「完全5度」の事のみを指して呼ぶことが多いです。

完全4度と増4度

次は、ドレミファの4度ファソラシの4度を見てみてください。

ドレミファの4度は半音5個分の長さになっていますね。

半音5個分の長さはさきほどの半音7個分の長さと同じぐらい周波数比率が良いです。
そのため、「完全4度」といいます。
※鍵盤は全部で12半音(7+5)で構成されるので、例えば、ドとソ(半音7個分)ソとド(半音5個分)はどっちから数えるかの違いであって、音名の組み合わせとしては一緒なんですよね。

一方で、ファソラシの4度を見てみると、半音6個分の長さになっています。

半音6個分といえば、さっき出てきた「減5度」と同じ。なので、当然こちらも周波数比率はあまり良くありません。このような半音6個分の4度を「増4度」といいます。

※ちなみに補足ですが、1度や8度に関しては、あまり増や減をつけるケースは多くないです。

異名同音程

ここまで読んでいただいて、
あれ・・・? 「増4度」と「減5度」って同じ音程じゃない?
と思った方も多いと思います。

結論から言うと、その2つは同じ音という認識で大丈夫です。

なぜ同じ音程なのに別の名称が付く場合があるかというと、
曲のストーリー(コード進行)の中で、「その音がどんな意味を持つのか?」によって、呼び方を変えているのだと解釈してもらえれば良いかなと思います!
(ここについては今後どこかでもうちょっと詳しくまとめてみたいと思います)

なお、このような同じ音程でも名称が異なるものを「異名同音程(いめいどうおんてい)」といいます。

おわりに

「長」「短」「増」「減」「完全」について、3部構成で説明させていただきました。

ここまでお読みいただき、ありがとうございます^^

音楽理論って正直とっつきにくいイメージが多いと思いますが、一つずつ理解していけば、「鍵盤が何故こうなっているのか?」とか「なぜこの和音は響きが 良い のか?」など、音楽がより楽しくなります♪

このサイトでは他にも音楽の記事がたくさんありますので、ぜひ合わせて見て頂けるとうれしいです!

関連記事

こちらの記事もおすすめです!

書籍紹介

色々な音楽理論の本を読むと多角的に知識を付けることができるのでオススメです。
その際に重要なのは、あまり難しい本に手を出さないこと。

いきなり難しい本を読んでも理解できないあげく、音楽に苦手意識を持っちゃう場合もあります。もったいないですよね・・・!

↓こちらは漫画形式でサクっと読めて簡単に理解できるので、導入としてはかなりお勧めです。

↓こちらも短いセンテンスのQ&A形式なのですごく読みやすいです。
値段はなんと100円!缶コーヒー1本より安いので迷わず買ってOKです。

ピアノ初心者Q&Aレシピ(おとなのピアノレッスン)[Kindle版] posted with ヨメレバ 梶原厚美 ピアノレシピ 2014-04-04 Kindle

コメント

タイトルとURLをコピーしました