キーボード初心者が初めて購入する時の選び方とおすすめ機種紹介

音楽

キーボードを弾いてみたいんだけど、どれを買ったらいいのかな?高いから失敗したくないな…

この記事では、このようなキーボード初心者の方に向けて、キーボードの基礎知識から、購入する時のポイントについてまとめています。

キーボードはとても高価なものが多いので、失敗しないように事前に調べてから買うのをオススメします!

これからキーボードを始めようと思っている方にはとても有益な情報を提供できると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

スポンサーリンク

キーボード初心者購入時のポイント①:種類を決めよう

まずは、キーボードにはどんな種類があって、自分はどれを買うべきなのかを見てみましょう。

一口にキーボードと言っても、シンセサイザーステージピアノポータブルキーボードMIDIキーボードなど、色々な種類があります。

当然、「キーボードを使って何をやりたいか」によって、買うべきキーボードの種類が変わってきます。

シンセサイザー

キーボード, コンサート, 音楽, 音楽楽器, 楽器, ピアノ, 鍵盤楽器, ピアノのキー, ピアノの鍵盤

「synthesize(シンセサイズ」」は、日本語で「合成する」と言った意味。

シンセサイザーは、波形を合成したり、調整したりすることによって、音色を作り出す「機械」です。

※音を作り出すための入力装置として鍵盤が設置されているだけで、厳密にいうと「楽器」ではないのかもしれません。

元々の成り立ちは音を作り出す物でしたが、現代のシンセサイザーはプリセットと言われる加工済みの音色もたくさんあり、様々な楽器の音色を出すことができる鍵盤楽器として扱われています。

この「いろいろな楽器の音色を出すことができる」というのがシンセサイザーの一番の強みで、それゆえに様々なステージで重宝されています。

例えば、現代のポップスやロックと言ったジャンルには、ストリングスやブラス、ウィンドなど様々な音色が使われていますが、それらをライブステージで生の楽器で演奏することは、なかなか難しいものです。

そこで、足りない楽器部分をキーボーディストが補うことで、色々な音楽を表現することができるのです!

このような理由から、バンドでポップスやロックなどを演奏する人は、シンセサイザーを購入するのをオススメします。

ステージピアノ

Copyright © 2017- 月の中の雲 All Rights Reserved.

ステージピアノは、ピアノの音色を演奏することに特化したキーボードです。

普通のピアノは持ち運びができませんが、ステージピアノは持ち運びが可能です。
(とはいえ、かなり重いので1人で持ち運ぶのはかなりきついですw 基本的には車で運搬するか、キャリーやカートを使用しましょう!)

音色のリアルさはもちろんのこと、鍵盤のタッチも普通のピアノに近いので、よりリアルなピアノに近い演奏をしたいという方や、ピアノ以外の音はあまり使わないという方はステージピアノがオススメです。

ポータブルキーボード

出典:Shimamuramusic©All Right Reserved.

ステージピアノと同様ピアノの演奏に特化していますが、こちらはもっと敷居を下げた初心者向けのタイプです。

光る鍵盤などが付いているものもあり、楽譜のあまり読めない方でも手軽に演奏できます。

比較的安価なものも多く、ライブやコンクールまでは考えてないけど、気軽に初めてみたい!という方にはおススメです!

ステージピアノやシンセサイザーと違って、スピーカーが内臓されているものが多く、アンプやシールドを買わなくても音が出せるのも嬉しいポイントですね。

MIDIキーボード

出典:Shimamuramusic©All Right Reserved.

MIDIキーボードというのは、「MIDIデータ」という「演奏情報データ」の送受信を目的としたコントローラーです。

これ自体には音源が搭載されていないので、オーディオインターフェースに繋がないと音を出すことができません。

作曲をメインに作られた物なので、鍵盤のミニサイズなものも多いです。

作曲をするためのキーボードを検討している方はこちらを買うといいですが、演奏をするためのものではないので、演奏目的の方は注意してくださいね!

キーボード初心者購入時のポイント②:鍵盤数を決めよう

キーボードで主流の鍵盤数は、「61鍵盤」「73鍵盤」「76鍵盤」「88鍵盤」です。

61鍵盤

出典:Shimamuramusic©All Right Reserved.

61鍵盤の最大のメリットとしては、可搬性と演奏幅のバランスが最も良いという点です。

可搬性については、そこまで大きすぎず肩に担げるサイズで、重さも4~6kg程度なので、持ち運びしやすいです。

演奏幅に関しては、5オクターブの音域となりますが、ポップスやロックなどを行う場合は、基本的にこれで足りることが多いです。

もちろん足りない場面もありますが、オクターブシフトを使ったりアレンジでカバーすることもできます。

バンドなど、スタジオなどに持ち運んで演奏がする場合が多い方は、この「61鍵盤」が一番良いと思います。 逆にクラシックを演奏したい場合は、鍵盤数が足りなくなる場面が多いので、おすすめできません。

73、76鍵盤

出典:Shimamuramusic©All Right Reserved.

61鍵盤と88鍵盤の中間である73鍵盤や76鍵盤。

61鍵盤よりも音域がかなり大きく、よりダイナミックな演奏ができるのがポイントです。

この音域であれば、簡単なクラシックも演奏できます。

また、音域の広さを活かしたスプリット(ある鍵盤を境に、左側と右側で音色を変える設定)により演奏の幅をより広げることもできますので、バンドでより活躍できるでしょう。

ただしデメリットとしては、ポップスやロックなどの音楽を行う場合は、やや持て余すことも多いです。

重量も61鍵盤と比べて結構重く、大人の男性ならなんとか担いで持ち運べるぐらいではありますが、体力に自信のない方や、女性の方にはオススメできません。

88鍵盤

出典:Digiland (デジランド)© Shimamura Music All rights reserved.

88鍵盤というのは、普通のピアノと同じ鍵盤数。

クラシックやジャズなどの音域の広い曲をやりたいという方にオススメです!

ただし、このタイプはとても重いものが多く、外に持ち運ぶハードルは結構高いです。

基本的に家に設置して、外では備え付けのピアノやキーボードを使うという方は大丈夫ですが、持ち運んで演奏する場面が多い方は、注意が必要です。

※車移動が出来て、複数人数で持ち運べるのであれば大丈夫です!

ROLANDの「GO:PIANO88」というキーボードは88鍵盤で7.0kgという軽さを実現している機種もあるので、88鍵盤欲しいけど持ち運びもしたいという方は良いかもしれません!

キーボード初心者購入時のポイント③:鍵盤のタッチを決めよう

鍵盤数に続いてもう一つ大事なポイントが鍵盤のタッチです。

ここでは、弾き心地が全く異なるピアノタッチシンセタッチの2種類について解説します。

ピアノタッチ

Copyright © 2017- 月の中の雲 All Rights Reserved.

「ウェイト鍵盤」ともいわれ、鍵盤におもりが入っており、生のピアノのようにずっしりとした弾き心地が特徴です。

ベロシティー(強弱表現)も豊かで、より生のピアノに近い表現ができます。

ピアノの経験者にはこちらの方が弾きやすいと思いますが、鍵盤楽器初心者の方には、最初はきついかもしれません。(もちろん、練習すれば慣れますよ!)

シンセタッチ

Copyright © 2017- 月の中の雲 All Rights Reserved.

「ノンウェイト鍵盤」ともいわれ、鍵盤におもりが入っておらず、鍵盤のタッチがとても軽いのが特徴です。

速弾きをしても指が疲れにくく、グリッサンドなどもやりやすいので、派手な演奏表現には向いています。

ピアノの経験が無くても、弾きやすいと思います。

鍵盤が軽い分、ミスタッチが起こりやすく、その部分での難しさはあります。

補足

上記の他にも、おもりが少しだけ入っている「セミウェイト鍵盤」というものもありますし、そもそも同じ種類でも実際の感触は機種によって結構違います。

このあたりは実際に楽器屋さんで触ってみて、自分にあったものを選ぶのが良いと思います!

スポンサーリンク

初心者が購入するのにおすすめのキーボードは?

最後に、キーボード初心者の方に最もオススメしたいシンセサイザーを紹介します。

おすすめキーボード1:JUNO-DS

出典:Copyright © 2020 Roland Corporation

Rolandのエントリーモデル、JUNOシリーズの最新のワークステーションシンセです。

2020年時点で人気No.1の機種で、ライブやYoutubeなどを見ても使っている人がかなり多いです。私も少し前これを使っていました。

ディスプレイや各種ボタンもすっきりしていて見やすく、サウンドメイキングも簡単。そして音質もとても良いので、買って損しないシンセだと思います。

もともと61鍵盤の「JUNO-DS61」と88鍵盤の「JUNO-DS88」だけだったのですが、2019年に76鍵盤の「JUNO-DS76」が発売されたので、ライブで広い鍵域を活かした演奏や、スプリットを活用した演奏などをする方にはそっちもおすすめです。

質量も5.3kgと、後述する「KROSS-2」ほど軽くないものの、女性でも持ち運びしやすい重さとなっています。

余談ですがバンドリの市ヶ谷有咲ちゃんはこの「JUNO-DS」のホワイトを使っています。

おすすめキーボード2:KROSS-2

出典:Copyright © 2020 KORG Inc. All Rights Reserved.

KORGのエントリーモデルであるKROSSシリーズの最新のシンセサイザー。

こちらは重さがなんと3.8kgと、ワークステーションシンセの中では最も軽い部類で、持ち運びがしやすく、移動が多いバンドマンや女性向けのシンセです。

軽いと言っても機能は十分(というかJUNO-DS以上)に備えていて、やれることが多いです。

JUNODSには無いオーディオ録音機能なども搭載されています。

機能が多い分「JUNO-DS」よりはやや操作難度が高いとも言われているので、色々いじってみたい!っていう人にはおすすめです。

旧型でも全然OK

もちろん最新である「JUNO-DS」や「KROSS-2」の方がスペックが高いですが、価格を抑えたい方は一個前の機種である「JUNO-Di」や「KROSS」でも全然現役で使えるので、オススメです。

上記のシンセは新品だと7万円程度してしまいますからね・・・^^;

キーボードを長く続ける場合はどのみち買い替えるタイミングが来ると思うので、最初の1台としては中古とかで上記の機種を買うのは全然ありだと思います。

中古だとモノによりますが、3~4万円台程度で抑えられることもあるので!

関連記事

コメント

  1. You made some really good points there. I looked on the web for more information about the
    issue and found most individuals will go along with your views on this site.

タイトルとURLをコピーしました